主役級の満足感!イースターに作りたい「卵のグラタン」5選

主役級の満足感!イースターに作りたい「卵のグラタン」5選
4月17日(日)は復活祭、イースター。十字架にかけられたイエス・キリストが復活した日をお祝いするキリスト教のお祭りです。今回はイースターのシンボル「卵」を使ったグラタンをご紹介します。ボリュームがあって見栄えもするので、おうちで楽しむイースター料理の主役にぴったり♪チーズと卵の黄金コンビのおいしさをぜひ味わってみてくださいね。
フーディストノート
フーディストノート
2022/04/14
2022/04/13
view

ゆで卵グラタン

固ゆで卵に、ホワイトソースとチーズをたっぷりかけて、表面がおいしそうなきつね色になるまで焼き上げます。しょうゆとバターで調理した玉ねぎが隠し味に。

長芋とゆで卵のチーズグラタン

耐熱容器に、長芋、ゆで卵、ハムを交互にきっちりと並べ、マヨネーズやチーズをかけてオーブンで焼いてできあがり!ゆで卵を輪切りにするときは、刃にラップを巻くと黄身が包丁にくっつかず、きれいに切れますよ。

丸ごと半熟卵のグラタン

半熟卵を丸ごと1個使ったグラタンは子どもにも大人気!とろ~りとろける黄身をホワイトソースとからめて召し上がれ♪

卵とほうれん草のクリームグラタン

たっぷりのせたゆで卵とチーズの焼き色が食欲をそそります♪ハムやほうれん草入りのホワイトソースは、フライパンひとつで簡単に作れますよ。

鶏むね肉と半熟卵のチーズグラタン

ホワイトソースに鶏むね肉を加えて食べごたえもアップ!卵は冷蔵庫から出したてを使うと固まりづらいので気をつけてくださいね。

イースターには、春の訪れを祝う意味も含まれているそうですよ。大人も子ども大好きな味わいなので、ぜひ作ってみてくださいね。

この記事のキーワード
関連記事
「グラタン」の人気ランキング
新着記事