筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」
筋肉料理人
筋肉料理人の絶品「鶏肉レシピ」

炭水化物が食べたい筋トレ民にもおすすめ!「鶏もも肉とブロッコリーの塩パスタ」

「鶏肉」を使ったアイデア料理が満載の筋肉料理人さんのフーディストノート公式連載。今回は、スパイシーでパンチの効いた味付けがビールによく合う、「鶏もも肉とブロッコリーの塩パスタ」の作り方を教えていただきます。鶏もも肉とブロッコリーを塩炒めにしてパスタと合わせるシンプルレシピ。「夜はなるべく炭水化物を控えたいけど、でもやっぱり食べたい…」そんな気分のときに、ぜひこちらのレシピを参考にしてみてくださいね。
2021/10/18
2021/10/15
6,015 view

鶏もも肉とブロッコリーのスパイシー塩パスタ

こんにちは、筋肉料理人です!

今日はおつまみ兼、晩ごはんになる、「鶏もも肉とブロッコリーの塩パスタ」を紹介させていただきます。

鶏もも肉とブロッコリーを塩炒めにし、パスタを合わせるシンプルなレシピ。旨味を効かせた塩味と、黒こしょうのきりりとしたスパイシーな風味でビールが進むパスタです。これなら忙しい時、帰りが遅くなった時でも手軽に作れます。

筋トレ民的には夜はたんぱく質と野菜主体で済ませたいところですが、やっぱり炭水化物を食べたい時もあります。炭水化物は種類によって同じカロリーでも太りやすいもの、太りにくいものがあって、パスタはGI値が比較的低いので白米を食べるより太りにくいです。このレシピなら鶏肉やブロッコリーをつまみつつビールを飲み、パスタで締めをワンプレートでこなせます。

「鶏もも肉とブロッコリーの塩パスタ」レシピ

材料(1人分)

鶏もも肉…1/2枚

ブロッコリー(冷凍でも可)…100g

パスタ…1束

にんにく…1/2かけ

塩、コンソメ顆粒、黒こしょう…適宜

オリーブオイル…小さじ2

作り方

1. 食べやすい大きさに切ったブロッコリーを熱湯に入れ、好みの固さにゆで水分を切っておきます。にんにくはみじん切りにします。

※冷凍ブロッコリーを解凍して使用しても大丈夫です

鶏もも肉とブロッコリーのスパイシー塩パスタ

2. 鶏もも肉は2㎝角に切り、軽く塩と黒こしょうをふっておきます。

※後で塩をふるので軽くでいいです

鶏もも肉とブロッコリーのスパイシー塩パスタ

3. フライパンにオリーブオイル小さじ1を入れて中火にかけ、鶏もも肉の皮を下にしてに入れます。皮にこんがり焼き目がついたら返し、火を弱くして熱を入れます。にんにく、ブロッコリーを入れて軽く炒め、塩と黒こしょうをふります。

鶏もも肉とブロッコリーのスパイシー塩パスタ

鶏もも肉とブロッコリーのスパイシー塩パスタ

4. 鍋に1リットルの湯を沸かします(あらかじめ用意しておくといいです)。塩小さじ2、コンソメ顆粒小さじ1/2を入れてパスタをゆでます。ゆで上がったら湯を切って3のフライパンに入れ、オリーブ油小さじ1を加えて和えましょう。

※オリーブオイルを後入れすることで香りを活かし、パスタの表面に幕を張って乾燥するのを防ぎます。

鶏もも肉とブロッコリーのスパイシー塩パスタ

皿に盛り付けて「鶏もも肉とブロッコリーの塩パスタ」の完成です。お好みで黒こしょうを追加するのもおいしいです。

鶏もも肉とブロッコリーのスパイシー塩パスタ

鶏もも肉とブロッコリーのスパイシー塩パスタ

鶏もも肉とブロッコリーのスパイシー塩パスタ

鶏もも肉は皮にこんがり焼き目がついた塩焼き。黒こしょうも効いているので焼鳥感覚でビールのつまみになります。

ブロッコリーは鶏肉と一緒に炒めるので鶏の旨味を吸い、にんにく風味も入ってこれまたビールによく合います。

パスタにも鶏の旨味、スパイシーなにんにく風味、後入れしたオリーブオイルの風味がのっておいしいです。ワンプレートおつまみ、ぜひお試しください!

にんにくのダブル使いで激ウマ!...
ぷりぷりとした食感がおいしい!...
この記事を書いた人
筋肉料理人
筋肉料理人

佐賀県在住の料理研究家。「どこでも手に入る材料で作れるおいしい料理」をモットーに、ブログ・YouTube等で写真や動画を使ったわかりやすいレシピを公開中。著書に『筋肉料理人の男子ゴハンレシピ』『最高の晩酌つまみ』(ともに宝島社)などがある。趣味はニックネームの由来でもある筋トレの他、バイクや熱帯魚など多岐に渡る。

<ブログ>
魚料理と簡単レシピ

<Twitter>
筋肉料理人 藤吉和男(@kinniku)

<YouTube>
筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理

 

※筋肉料理人さんへの取材・仕事依頼はこちら

この記事のキーワード
筋肉料理人さんのこれまでの記事
関連記事