マグカップでハンバーグが作れちゃう!5分でできるゆーママさんのお弁当おかずテク

マグカップでハンバーグが作れちゃう!5分でできるゆーママさんのお弁当おかずテク
NHK Eテレ『きょうの料理』などテレビで話題の人気フーディスト・ゆーママさんが新刊『がんばらなくてもラクに作れる ゆーママの5分おかずのお弁当』を発売しました。朝のお弁当作りは時間との勝負。毎日のことだから、できるだけ手間を省いて効率よく作りたいのが本音です。そこでゆーママさんが考案したの短時間で簡単にでき、作りおきもOKなお弁当おかず。ライフスタイルに合わせて朝に調理をするか、週末に作りおきをするか自由に選択できます。
フーディストノート
フーディストノート
2021/03/12
2022/04/06
view

お弁当作りでは食材選びを工夫するだけで、調理時間に大きな差が生まれます。さらに食材の切り方ひとつで火が通りやすくなり大幅な時間短縮になります。

ポリ袋やキッチンバサミを使えば、まな板も汚れず狭いキッチンでも作業がしやすくなります。

これらのちょっとしたコツでおかず作りがぐっとラクになるのです。

今回は本書の中から5分でお弁当おかずを完成させるコツと見栄え良いメインおかず3点をご紹介します。マグカップ1つでできる驚きのレシピもありますよ。こちら必見です!

5分でお弁当おかずを完成させるコツ

1)肉は火が通りやすい薄切り肉やひき肉を!

火が通りやすい薄切り肉や、包丁を使わずに調理できるひき肉や時短食材の定番。加熱なしで使える具材を中心に入れて薄切り肉を巻けば、加熱時間が短縮できます。

2)食材は小さく・薄く・細く切るのがポイント!

食材の厚みを薄くし面積を小さくすると加熱時間が短くすみます。肉は3cmのひと口大や1~3cmの細切り、そぎ切りがおすすめ。野菜はせん切りや2mmほどの薄切りにすると火が通りやすくなります。

3)味つけや肉だね作りはポリ袋を活用!

調味料を揉み込んだり、肉だねを作ったりするときはポリ袋を使うとまんべんなく混ぜられ、手も汚れません。場所を取らず、狭いキッチンでも作業がしやすいです。

4)揚げ物は衣に工夫して1STEPで手軽に!

溶き卵やバッター液を使わず、食材に直接パン粉をまぶすだけでOK。下味にマヨネーズや油、薄力粉などを入れることでかなう時短テクニックです。

5)葉物野菜はラップに包んでレンジ加熱!

葉物野菜は必要量をラップでしっかり包み、電子レンジで加熱するのがおすすめ。お湯を沸かす時間も必要なく、早く加熱できるうえにビタミンの流出を防げます。

レンジキムチつくね

発酵食品のキムチのおかげで肉がやわらかに。キムチの味をいかすので、少ない調味料で味が決まります。

冷蔵保存:5日 / 冷凍保存:2週間 

材料(2個分)

鶏ひき肉…50g
白菜キムチ…10g
A 片栗粉…大さじ1/2
A ごま油…小さじ1
A 顆粒和風だしの素…小さじ1/4

作り方

1、キムチは刻んで軽く汁気を絞る。
2、ポリ袋にひき肉、1、Aを入れてよく揉み2等分にして丸める。
3、耐熱容器に2を間隔をあけて並べる。水大さじ1を入れてふんわりラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分20秒ほど加熱する。

レンジでマグバーグ

レンジで作れば短時間で煮込みハンバーグが完成!耐熱マグカップに材料を入れて加熱するだけなので、成形する手間もかかりません。

冷蔵保存:4日 / 冷凍保存:2週間

材料(1個分)

A 鶏ひき肉…50g
A パン粉、水…各大さじ1
A 塩、こしょう…各少し
B トマトケチャップ、牛乳…各大さじ1
B 中濃ソース…小さじ1

作り方

1、耐熱マグカップにAを入れてスプーンでよく混ぜ、表面を平らにする。ふんわりラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分30秒ほど加熱する。
2、Bをかけてふんわりラップをし、30秒ほど加熱する。マグカップを逆さまにして取り出す。

揚げないかぼちゃのクルトンコロッケ

玉ねぎや肉を炒める手間を省き、味つけは焼き肉のたれで簡単にできるようにしました。揚げないので、簡単かつヘルシーです。

材料(2個分)

豚ひき肉…20g
かぼちゃ…40g
A 焼き肉のたれ(市販)…大さじ1
A 水…小さじ1
クルトン…適量

作り方

1、かぼちゃは細切りにする。
2、耐熱容器にひき肉、1、Aを入れてふんわりラップをかける。電子レンジ(600W)で3分ほど加熱し、つぶしながら混ぜる。
3、ポリ袋にクルトンを入れ、スプーンで2の1/2量をすくって落とし、丸く整えながらクルトンを全体につける。計2個作る。

いかがでしたか。これなら本当に5分で作れそうですよね。レンジ調理中にフライパンおかずを作れば並行して複数のおかずを用意できちゃいます。本書ではこの他にも、魚介のおかずや赤・緑・黄色など便利な色別おかずなど153品のお弁当おかずをご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

表紙
『がんばらなくてもラクに作れる ゆーママの5分おかずのお弁当』
松本有美 (著)

テレビでおなじみ・ゆーママさんのお弁当レシピ第2弾! 本書のお弁当レシピ153品は、すべて5分で作れます。しかも冷凍や冷蔵での作りおきもできるというすぐれもの。週末に時間がない人は、朝パパっとおかずを作ってお弁当に、週末に時間がある人は、おかずを作りおきしておいてお弁当に。これならライフスタイルに合わせて、よりラクなお弁当生活が可能に。フライパン調理だけでなく、電子レンジ調理もたくさんご紹介しているので2つの熱源を使って、並行しておかずを作ることができます。家族のために日々お弁当を作っているゆーママさんが、お弁当を実際に作る人の立場に立って考えた時短レシピ集です。

ゆーママさん
松本有美(ゆーママ)さん

料理研究家、カフェ&キッチンスタジオオーナー。TVや雑誌、企業のレシピ開発、広告で活躍。「きょうの料理」(NHK Eテレ)に講師として出演。2019年にオープンした「cafe Muku」では、多数のスイーツメニューを開発。『ゆーママのはからない家おやつ』(KADOKAWA)、『毎朝ラクする冷凍作りおきのお弁当』(扶桑社)、など著書多数。

<ブログ>
ゆーママ おうちカフェレシピ

<Instagram>
松本有美(ゆーママ)(@yu_mama_cafe)

協力・画像提供:扶桑社(https://www.fusosha.co.jp/

この記事のキーワード
関連記事
新着記事