圧倒的な満足感!冷蔵庫にあるもので作れる「#家パスタ」に夢中

圧倒的な満足感!冷蔵庫にあるもので作れる「#家パスタ」に夢中
インスタグラムのフォロワー数30万人超えのフーディスト・Tesshi(@tmytsm)さんの料理本「とびきりおいしい 家パスタ 食べたら疲れが吹き飛ぶよ!」が発売されました。お店で食べるようなおしゃれなパスタはもちろんおいしいけれど、家でいただくパスタは手軽にパパッと作れるのが絶対条件!さらに冷蔵庫にある食材でおいしく作れたら最高ですよね。そんなとびきりの家パスタの作り方を伝授します。
フーディストノート
フーディストノート
2020/05/27
2021/12/09
view

Tesshiさんの家パスタは旬の野菜が盛りだくさん!がっつり&ボリューミーが基本なので、他のおかずが作れない時も1品だけで大満足なんです。具材とソースの組み合わせを工夫すればレパートリーは無限大。日々のごはんはもちろん、おつまみやお弁当に活用してもOKですよ!今回は本書の中から編集部が厳選した3品のパスタをご紹介します。食べたら疲れが吹き飛んじゃいますよ♪

シンプルなオイルパスタ!ブロッコリーとベーコンのパスタ

材料(1人分)

ブロッコリー…5房(食べやすい大きさに切り分ける)
ベーコン(ブロック)…40g(1cm角の棒状に切る)
にんにく…1片(包丁の腹でつぶす)
赤唐辛子…1本
オリーブオイル…大さじ2
塩…少々
スパゲッティ…100g
塩…小さじ2

作り方

1、パスタをゆでるために、水1Lを鍋に入れ沸かします。

2、フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子、ベーコンを入れて弱火にかけ、じっくりとオリーブオイルに香りとうまみを移していきます。ベーコンにこんがりとした焼き目がついたら火を止めます。

3、鍋の湯が沸騰してきたら塩をいれて溶かします。湯1Lなら小さじ2(10g)となります。

4、パスタをゆでます。放射線状に広げ、箸でかき混ぜてほぐします。タイマーを袋の表示のゆで時間より1分短くセットします。

5、2で火を止めておいたフライパンにパスタのゆで汁大さじ1を加えなじませます。さらに大さじ1を加えてなじませたらソースの出き上がり。

5、パスタのゆで時間が残り2分になったら鍋にブロッコリーを入れパスタと一緒にゆでます。

6、ゆであがったら、パスタとブロッコリーをトングで持ち上げるかざるに上げてから、ソースのフライパンに移し、パスタ全体にソースをからめます。味を見てたりなければ塩で味を調えます。器に盛りつけて完成です。

【ポイント】
シンプルな塩味のオイルパスタはまずそのまま味わってみてから、パルミジャーノレッジャーノをおろしかけてうまみを追加。そこに黒こしょうや、EXオリーブオイルをまわしかけたらさらにリッチな味に変化します。

黒こしょうをたっぷりひいて!カルボナーラ

材料(1人分)

卵…1個
パルミジャーノ…20g
粗びき黒こしょう…適量
ベーコン(ブロック)…40g(7mm角の棒状に切る)
オリーブオイル…大さじ1
粗びき黒こしょう…適量
パルミジャーノ(仕上げ用)…好みの量(すりおろす)
スパゲッティ…100g
塩…小さじ2

作り方

(パスタのゆで方は「ブロッコリーとベーコンのパスタ」のレシピをご参照ください)

1、卵液を用意する。卵を割ってパルミジャーノをおろし入れ、黒こしょうを加え、よく混ぜる。

2、フライパンにオリーブオイルとベーコンを入れて弱火にかけ、香ばしい焼き色がついてカリカリになったら火を止める。

3、2にゆで汁大さじ1を加えてよくなじませる。オイルとゆで汁は同量が目安なので、ベーコンから脂が出て増えていたら、ゆで汁も増やす。

4、ゆで上がったパスタを加え、ソースとからめる。

5、1の卵液を加え、手早くからめる。弱火にかけ、とろみがついてくるまで混ぜ続ける。器に盛り、好みの黒こしょう、パルミジャーノをふる。

食感がたまらない!ぷちぷち明太しそパスタ

材料(1人分)

明太子…1/2腹(薄皮から取り出す)
青じそ…5枚くらい(細切り)
にんにく…1片(つぶす)
オリーブオイル…大さじ2
塩…少々
スパゲッティ…100g
塩…小さじ2

作り方

(パスタのゆで方は「ブロッコリーとベーコンのパスタ」のレシピをご参照ください)

1、フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ったら明太子を加えて炒め、色が変わったら火を止める。

2、ゆで汁大さじ2を2回に分けて加えてなじませ、ソースにする。

3、ゆであがったパスタを加えてからめ、青じそも加えてあえる。味をみて塩でととのえる。

どれもボリューム満点でとっても華やか!お好みで色々ちょい足ししてあなたならではの「#家パスタ」を楽しんでみてください。本書ではその他にも、トマトソースパスタやご当地パスタなどもご紹介しています。ぜひご家庭で試してみてください!

『とびきりおいしい 家パスタ 食べたら疲れが吹き飛ぶよ!』
Tesshi(@tmytsm)さん (著)

パスタだけだけど、大満足。忙しくて買い物にいけない日でも、大丈夫。お店で食べるオシャレで手の込んだよそ行きな感じのパスタはもちろんおいしいけれど、家でパスタを作るのは、圧倒的に「作る時間はないけど、何かしっかり食べたい」とき。しかも、そのとき、家にある材料で、簡単に作れるパスタが、いいのです。パスタをゆでる鍋と、ソースを作るフライパンさえあればOK。具材とソースの組み合わせでレパートリーは、広がります。

詳しくはこちら>>

Tesshi(@tmytsm)さんのプロフィール

インスタグラムに投稿するボリューミーで迫力満点の「#ごちそうおにぎり」「ホットサンド」が大人気となり、フォロワー数30万人超え(2020年5月現在)を誇るインスタグラマーとして大活躍中。著書に「主役は、ごちそうおにぎり。つまみにポテサラ、シメのホットサンド」「もりもりホットサンドと野菜ごろごろスープ 元気が出るよ!」(KADOKAWA刊)がある。

協力・画像提供:KADOKAWA(https://www.kadokawa.co.jp/

この記事のキーワード
関連記事
新着記事