キャンプで!BBQで!いい香りでみんなが集まってくる「手作りバウムクーヘン」レシピまとめ

キャンプで!BBQで!いい香りでみんなが集まってくる「手作りバウムクーヘン」レシピまとめ
時間も人手もあるキャンプやBBQですから、いつもより少し手間がかかっても、とびきり楽しいものを作って、みんなで食べるのがいいですよね。今回のおすすめは「手作りバウムクーヘン」。一層一層、生地を重ねて焼いていくバウムクーヘンは、意外とアウトドア向けのスイーツかもしれませんよ。
フーディストノート
フーディストノート
2019/08/15
2021/10/07
view

これ、一度やってみたかったんです!

長い棒にアルミホイルを巻きつけて、薄力粉に砂糖、卵、レモン汁などを混ぜた生地をかけます。この棒を火の上でクルクル回しながら焼き、一層焼けたら生地をかけ、また一層焼けたら生地をかけ、と繰り返します。生地をすべてかけて焼き上げたバウムクーヘンに包丁を入れると…。

レシピをチェック!>>

ホットケーキミックスで作る際に注意したいこと

こちらも木の棒に生地をかけていくレシピですが、生地はホットケーキミックスを使っています。ポイントは、ホットケーキミックスを少し緩めに溶くことと、溶かしバターと砂糖をプラスすること。これでバウムクーヘンに焼き色が付きやすくなり、時短で焼けるので硬くなりにくいんです♪

レシピをチェック!>>

きれいな年輪ができる心棒の回し方を覚えましょう

こちらも生地はホットケーキミックスを使い、太めの竹にアルミホイルを巻いたものを心棒にしています。生地をかけてすぐは生地がたれてしまうので、なるべく早く回しながら焼き、少し固まったら、今度は焼き色がつくようにゆっくり回すのが、きれいな年輪を作るコツ!

レシピをチェック!>>

ホットケーキミックス300gで、12層のバウムクーヘンが完成!

ホットケーキミックス300gに卵2個、牛乳200mlで、12層の見事なバウムクーヘンが完成です♪牛乳は200ml入りのパックを持っていけば計る手間いらずですし、バターの代わりにケーキ用マーガリンを用意していけば、すぐに柔らかくなって生地に混ぜやすいですよ。

レシピをチェック!>>

焼けてもすぐに切らないこと!

生地はあらかじめ家で混ぜておいて、ジッパー付きの袋などに入れ、保冷バッグなどで持っていくと、火さえおこせばすぐに焼き始められます。焼き上がってもすぐは、生地が崩れやすいので30分ほど待つのがポイント。冷めてから心棒をゆっくり回して抜き、それからカットしましょう。

レシピをチェック!>>

ご紹介したどのレシピも、立派なバウムクーヘンを焼き上げるのには1時間半~2時間くらいはかかるようです。とはいえ、家族みんなでわいわいと楽しみながら焼けば、思いのほかあっという間に焼けてしまうもの。火に近づいての作業になるので、お子さんも大人も火傷にはくれぐれもご注意ください。

この記事のキーワード
関連記事
新着記事