【おいしい暮らし】『ふたりごはん』の榎本美沙さんに聞く、夫婦一緒にお料理をするようになって変わったことって?

【おいしい暮らし】『ふたりごはん』の榎本美沙さんに聞く、夫婦一緒にお料理をするようになって変わったことって?
暮らし上手な人にフォーカスし、お料理をすることや食べること、心地よく暮らすためのヒントをお届けする不定期連載「おいしい暮らし」。今回は『ふたりごはん』の榎本美沙さんです。休日にはご主人と一緒にキッチンに立つ榎本さんに、お料理や暮らしを楽しむコツ、教えていただきました。
フーディストノート
フーディストノート
2018/06/26
2021/10/07
view

忙しい人にも、できるだけ自然に旬のものを食べてもらいたい

お料理をする上で大切にしていることはなんですか?

「ついついこだわりすぎて材料が増えそうになったり、ひと手間加えたくなったり…するのですが、レシピを考える側の満足だけでなく、見ていただいた方が実際に『作ろう』と思える料理にすることは大切にしています。会社員時代の自分の経験や、同僚や同期たちがとても忙しくしているのを周りで見てきたこともあって、『体に嬉しい料理』をより手軽に作ってもらえるのが一番だと考えています。

また、『旬のものをできるだけ使う』というのも意識しています。いつでもなんでも手に入る時代で、旬がいつかわかりづらいと思うのですが、野菜でも果物でも旬の時期が一番おいしいですし、栄養価も高い。なので、忙しい人にもできるだけ自然に旬のものを食べてほしいという思いから、レシピにもよく取り入れるようにしています。

毎月、東京・勝どきで開催の『太陽のマルシェ』のレシピ開発をさせていただいているのですが、そのお仕事では生産者さんのお話をうかがいながら、旬のものをいかにおいしく食べるかを追求しています」

お料理のスタイリングで気をつけていること、こだわっていることは?

「自然な空気感を大切に、空気をまとったようなふわっとした仕上がりにしたいと思っています。リネンの布が好きでよく使うのですが、リネンの自然なシワ感もいいですね。

あとは、料理は愛をもって作り、愛をもって盛り付けること、でしょうか(笑)。

料理を作っているひとつひとつの工程で『おいしそ~』と感じられる料理が、できあがったときもやっぱりおいしくなるように感じています。なので、それぞれの工程で常においしそうと感じられるように、野菜を焼くときも、『あ、ここで返すといいな』とか、『塩はこのくらいかな』と料理と対話しながら作っています。

見た目についても、まだまだ勉強中ですが、この料理のここがおいしそう、この丸みがかわいいなど、その料理のよい部分が活かせる器を選んでスタイリングするようにしています」

これまでのMY BEST レシピは?

■枝豆の実験 茹で枝豆 VS グリル枝豆

「野菜の味を活かす」ことを追求するのが大好きで、この時は「枝豆の甘みを引き出す」について、「茹で VS グリル」という形で実験しました。調理器具は何がよいか、アルミホイルに包んだ方がよいかなどあれこれ左脳的に考えて、このおいしい実験の結果を発表しています!

レシピをチェック!>>

■豚肉ととうもろこしのさっぱりトマトみそ汁

おみそ汁が好きなのですが、とくこれは格段においしく主人に人気です!夏が近づくとなると飲みたくなります。おいしい秘訣は「うま味の相乗効果」。トマトやみそに含まれる「グルタミン酸」と、豚肉に含まれる「イノシン酸」を合わせて旨味たっぷりに仕上げています。とうもろこしを芯ごと使うこともおいしさが増すポイントです!

レシピをチェック!>>

■新たまポトフ

新玉ねぎを丸ごと使って、15分で完成する本当に簡単な和風ポトフです。「作っておいしかった」「夜中遅く帰ってきても食べやすかった」という感想を送ってくださった方が何人もいて、とても嬉しかったです!新玉ねぎは水から煮込むので、中までとろとろに仕上がります。

レシピをチェック!>>

ごはんを家族みんなでつくる、その意味

ご主人とお料理をされるようになったきっかけは?

「休日に料理をつくっていた時に、主人が手伝ってくれたのが最初でした。それが意外と楽しくて、だいたい休みの日は一緒に料理をするようになって。料理に慣れていない人がキッチンにいると正直始めは…ですが(笑)、慣れてくるととっても楽ですよ。時短にもつながっていると思います。

そういう生活を続けているうちに、人にとって不可欠なごはんを、家族みんなでつくるのはとっても大切なことかな、と感じるようになりました。ご夫婦で、ご家族で、自分たちで作るからこその楽しさやおいしさを少しでも感じていただきたい、と思いながら『ふたりごはん』を綴っています」

***

ご主人と一緒にお料理をするようになって、榎本さんは以前よりお酒、とくに日本酒をおいしく感じるようになり、圧倒的肉派だったご主人は焼き魚もよく食べるようになったとか。そうやって、それまでは知らなかった新しい幸せに出会える“ふたりごはん”って、世界で一番素敵な異文化交流かもしれませんね。

榎本美沙さんへのQ&A

ブログを始めたきっかけは?

一緒に料理をするようになって、その時間が(大げさですが)信頼関係を築くのにとても大切かも、と思い始めました。人にとってごはんはなくてはならないものなので、それを家族でつくるということは貴重な時間なのだと思います。ふたりごはんのサイトをきっかけに、一緒に料理をする家庭が増えたらと思い、はじめました。

1ヵ月でも食べ続けられる大好物といえば?苦手な食べ物は?

みそ汁です。本当に毎日食べ続けています…(笑)。三食食べることも多いです。もともとみそが好きなので、冷蔵庫には5種類程度のみそがいつも入っています。苦手な食べ物はありません!

インテリアやライフスタイルなど参考にしているショップはありますか?

雑誌の、『Casa BRUTUS』『ELLE DECOR』『FIGARO』『&Premium』など。器、キッチン系の特集のときは参考にしています。

榎本美沙さんのプロフィール

▼榎本美沙さんのmyレシピブック
http://www.recipe-blog.jp/profile/150082

調理師、食育インストラクター。お仕事中のBGMはMr.Childrenで、「私が独立するきっかけになったライブで、生で聴いて衝撃を受けた『足音~Be Strong』は今でもとくに力をもらう曲です!」

▼榎本美沙さんのホームページ『ふたりごはん』を見る
http://www.futari-gohan.jp
▼榎本美沙さんのInstagramを見る
@misa_enomoto

★info
榎本さんがレシピ制作を担当する『太陽のマルシェ』が開催されます!
開催日:2018年7月14日(土)、15日(日)
アクセス:都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅下車 A4a、A4b出口すぐ

この記事のキーワード
関連記事
新着記事