おかずの傷みを防ぐ!「保冷機能付お弁当箱」特集

おかずの傷みを防ぐ!「保冷機能付お弁当箱」特集
お弁当を毎日作る中で、暑くなってくると気になるのがおかずの傷み。安心して食べられるよう、出来る限りの工夫をしたいですよね。傷みづらい食材を使ったり、水分が多い料理は控えるといった工夫に加えて、保冷剤付のお弁当を使うというのもひとつの手。そこで今回は、これからの季節にぜひ取り入れたい、保冷機能付きのお弁当箱をご紹介します。
フーディストノート
フーディストノート
2016/05/28
2021/10/07
view

リサラーソン「マイキー」がポイント!

北欧デザイン好きにはおなじみ、リサラーソンの猫キャラクター「マイキー」が大きく描かれたお弁当ボックス。フタ部分に保冷剤が入っているので、前日の夜に冷凍庫に入れて凍らせておき、おかずを詰めた後、フタをすればひんやり効果が持続します。

▼詳細はこちら
http://bit.ly/1TTbCO9

シロクマのキュートな顔に一目惚れ♪

シロクマののんきな顔がかわいいお弁当箱「GEL-COOま」も、フタ部分に保冷剤が封入されています。しっかり凍らせておけば、気温30度の中でも3時間以上保冷効果が続くそう。ちなみにシロクマさんの顔にはメスとオス、そして写真のボスの3つがあります。その微妙な違いを見比べるのもおもしろいですよ♪

▼詳細はこちら
http://bit.ly/1WLwlcP

男前デザインが好きな方におすすめ!

男性向けや、キャラクターものはあまり好きではないという方におすすめのお弁当ボックス。流行の男前デザインで大人からお子さんまで幅広く使えそう。

こちらもフタに保冷剤が封入されているタイプのお弁当箱です。25度の環境下で約4時間、食材を15度以下に保ってくれるので、食中毒対策になりますね!

▼詳細はこちら
http://bit.ly/245okPl

保冷剤を入れても、ふりかけを入れても♪

シンプルな手書き風ロゴが素敵なこちらのお弁当箱は、内フタと外フタの間に隙間があり、そこへ保冷剤を入れることができるというアイデア弁当箱!保冷剤が必要ない時期は、ふりかけや調味料を入れるスペースとして活用してもGOOD♪

▼詳細はこちら
http://bit.ly/1NIo2Mb

サーモスからお弁当箱タイプも!

保温ジャーでおなじみ、サーモスのお弁当箱。しっかり保冷できるケース付なので、これからの暑い時期でも安心です。スタイリッシュなデザインと大容量サイズは、食べ盛りのお子さん、働き盛りの男性にぴったり!

▼レシピはこちら
http://bit.ly/1WLzrNQ

保冷機能付きのお弁当箱を使っても、食中毒にならないという保証はないのでそこは要注意!食材の選び方、調理の仕方、外出してからできるだけ涼しい場所に置くといった配慮も大切です。これから少し気を遣う時期になりますが、こういった工夫を重ねて、安心してランチタイムを楽しみたいですね。

この記事のキーワード
関連記事
新着記事