便利な上に旨味アップ!話題の「#干し野菜」はこうすればおいしい!

便利な上に旨味アップ!話題の「#干し野菜」はこうすればおいしい!
傷みやすい野菜を長めに保存できるだけでなく、「甘みが増してる!」「火のとおりが早い!」「たくさん食べられる!」など、いいことづくしの「#干し野菜」。でも、いざトライしようとすると、正直煮物にするぐらいしか思いつかない…という人も多いのでは?いえいえ、他にもインスタ上にはおいしい食べ方のヒントがいっぱい!早速クッキングラマーの皆さんの活用法をみましょう♪
フーディストノート
フーディストノート
2016/08/31
2021/10/07
view

大量消費&パリパリの食感がうれしい♪きゅうりのきんぴら

chiiさん(@chii2015.37y)が投稿した写真


生の時はみずみずしさがポイントのきゅうりですが、干せばパリパリの食感に。甘辛いきんぴらはごはんにもお酒にもぴったり♪元はお漬物を作るために軽く干すつもりが、うっかり2日間も干してカリカリになってしまったということですが、こんなにおいしいおかずができるなら、お漬物用の干し時間短めと、きんぴら用の干し時間長め、両方欲しくなっちゃいますよね♪お宅は農家さんだそうで、さすがのお知恵です。

オリーブオイルと相性◎!「#干し野菜」を使ったパスタがオススメ!


こちらは、一軒家カフェのまかないランチ。ドライトマトとオクラに、香草パン粉にオリーブオイルが絡んでとってもおいしそう!ヘタまで一緒に干したオクラのスラリとした姿がフォトジェニックです。ドライトマトは人気の「#干し野菜」のひとつですが、トマト自体の水分が多いので、先に天日干しにしてからオーブンで焼くと美味しく出来上がるようですよ。

お湯を注げばお味噌汁♪人気の味噌玉にも「#干し野菜」

emiさん(@emihana114)が投稿した写真


お弁当にはもちろん、時間のない朝や遅く帰った日にさっと食べられて良い!ということで、最近注目の味噌玉。お味噌に粉末状態の出汁と、乾燥わかめなどお好みの具材を混ぜあわせてラップでくるんで冷蔵または冷凍しておくだけなのですが、ここでも「#干し野菜」が大活躍!生の野菜はお味噌の塩分で具材の水分が出てしまうのであまりオススメできないのですが、干し野菜なら大丈夫。emihana114さんの「味噌玉」は、大根、人参、生姜入り♪具のバリエーションも広がりますね♪

フェンネルの香りが爽やか♪「#干し野菜」のサラダ


干したきゅうりをフェンネル、切り干し大根、セロリ、赤玉ねぎをリンゴ酢でマリネした、北欧テイストの一品。きゅうりの青臭さがどうしてもニガテという人が時々いますが、干してしまえばパリパリの楽しい食感だけが残ります。きゅうり以外の野菜にも応用できそう!tidatomokoさんのように、こんもりおしゃれに盛り付ければ、おもてなしにもぴったりですね。干し野菜の新しい食感に「これ、何が入ってるの?」なんて聞かれてしまうかも。

意外な盲点?!グラノーラにも香ばしい「#干し野菜」♪


大ブームのグラノーラ。ナッツやドライフルーツをあわせてオリジナルのグラノーラを楽しむ人も増えていますが、meguaiz0111さんのグラノーラはなんとドライごぼうとドライきのこ入り!ヨーグルトときなこをかけ、はちみつで甘みをつけて食べるととってもおいしいそうですよ♪食物繊維もたっぷりとれる、グラノーラ×「#干し野菜」、ぜひマネしたいアイデアです。

* * * 

干し具合によって、水で軽く戻してもいいですし、そのまま使ってもOK。いろんな干し野菜が少しずつあまったら、そのまま揚げて軽く塩を振り、野菜チップスにするのもいいですね♪

市販の干し野菜も出ていますが、自分で作れば経済的です。食べやすい大きさに切り、ザルやネットに広げて軒先やベランダなど日当たりが良い場所に干しておくだけですが、風の強い日に干したら全部飛んでいってしまった!なんてエピソードも見かけましたので、囲いがついたネットを使うなど、工夫してみてくださいね。

お料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」がスタートした新しいフォト&動画プロジェクト。

あなたが作ったお料理やスタイリングしたお料理をステキに撮って、ハッシュタグ「#クッキングラム」でアップしてくださいね♪

インスタ公式アカウントはコチラ。Follow us please!
↓↓↓
https://www.instagram.com/cookingram.jp/

豪華プレゼントがあたる今月のテーマハッシュタグは↓↓↓をチェック!
http://www.recipe-blog.jp/cookingram/

この記事のキーワード
関連記事
新着記事