実は穴場だった!ワンハンドフードが集結するラフォーレ原宿がすごい

実は穴場だった!ワンハンドフードが集結するラフォーレ原宿がすごい
流行の発信地・原宿。行列の出来る人気店や、海外から初上陸の注目店など、常に話題が絶えないグルメ&スイーツの激戦区です。その中で意外と知られていない穴場スポットが、原宿のランドマーク的な存在とも言える「ラフォーレ原宿」。新しくワンハンドフード専門店2店舗がオープンして、ますます注目が高まりそうな予感です!
フーディストノート
フーディストノート
2016/10/14
2021/10/07
view

「ラフォーレ原宿」の2Fには、さまざまなジャンルのグルメ&スイーツが集結したフードエリア「GOOD MEAL MARKET」があります。

行列が絶えないリッチなフレンチフライ専門店「AND THE FRIET(アンド ザ フリット)」や、自然素材で作ったプレミアムカップスイーツ専門店「SOFTREE(ソフトリー)」などトレンドをしっかり押さえたお店ばかり♪片手で持って歩きながら食べられる”ワンハンドフード”が集結し、「食べ歩きの名所」とも言えるクオリティです!

そこで新たにフードエリアが拡大、2016年9月30日に「LAST CHIFFON(ラスト シフォン)」「onigiri stand Gyu!(オニギリスタンド ギュッ!)」の2店舗がオープンしました。今後のブレイクを予感させる話題性がたっぷりです!

サクサクふわふわ新食感♪フォークを使わないシフォントースト

大阪で人気のシフォンケーキ専門店「シンフォニーシフォン」の姉妹店として、「ラスト シフォン」が関東初出店。ふわふわとした食感が魅力のシフォンケーキを、なんとトーストしてアレンジ!さっくり、ふわふわを同時に楽しめる”シフォントースト”をワンハンドで食べる新スタイルのお店です。

おいしさは食感にあり!トーストすることで生まれた新食感

外側はさっくり、中はどこを食べてもふわふわ。2つの食感を見事に両立させたのは、シフォンケーキを知り尽くした専門店だからこそ。

シフォンケーキは生地中の水分量が多いとしっとり焼き上がり、少なすぎるとパサパサに仕上がります。「ラスト シフォン」のシフォンケーキは、ちょうどその中間のベストバランス。その秘密は生地を焼き上げた後に、短時間トースターにかけることで生まれます。

オーダーが入るとバターを塗って、オーブンで1分30秒トーストして熱々の状態で提供されます。外側はカリッとした食感、そして加熱で蒸気が生地内部に溜まって温まることで中は更にふんわり♪

店名にある「ラスト」とは「新しい」という意味。今までにない食感が魅力の究極のシフォンケーキです。

選べるトッピングが楽しい♪全22種類のシフォントースト

シフォントーストは全22種類。生地はプレーン・チョコ・メープルの3種類、シフォンケーキの上にはクリームやフルーツがトッピングされてケーキのような可愛い見た目に仕上げられています。

ここでは必ず食べてほしいベーシックなもの、トッピングがされた満足感の高いおすすめのものを紹介します。

「シフォントースト メープルシロップ」390円(税抜)
香り豊かなバターと濃厚な卵感が、シンプルながら素材の味わいが引き立つベーシックなシフォントースト。上にのせたバターが熱で溶けていき、じわじわと染み込んでいくと、ほっこりバターのコクが幸せを運んできてくれます。

「メープルシフォントースト キャラメルソース生クリーム」420円(税抜)
カナダ産ピュアメープルシロップ を使った生地に、ほろ苦い自家製のキャラメルソースをかけたシフォントースト。秋冬にぴったりな甘く濃厚な味わいが広がります。

フワフワ感を保つために、なるべく潰さないようにして食べるのがポイント。
フォークを使わずに、手で持って思いっきり頬張ってみて♪

食べるのが楽しくなる♪本格派から創作系まで革命的な進化をしたおにぎり専門店

一般社団法人 おにぎり協会がプロデュースするおにぎり専門店「オニギリスタンド ギュッ!」。日本のソウルフードであるおにぎり。その魅力を国内外に発信する活動をしているおにぎり協会が新たな試みとして出店した1号店です。

白いごはんに海苔を巻いたシンプルなイメージのおにぎりが、カラフルで個性豊かに大変身!もはや革命的?普通のおにぎりとはちょっと違う、今まで知らなかった新しい美味しさに出会えます!

栄養とアイディアをギュッと結んだオンリーワンのおにぎり

「日本のおにぎり文化を海外に発信したい」というおにぎり協会の想いに共感した、食のプロフェッショナルが全国から集結。

料理人やパティシエと輪がどんどん広がっていき、東京で一番古いおにぎり屋「おにぎり浅草宿六」の店主・三浦さんの監修を受けるなど、見た目と味の良さをとことん追究した結果、オリジナリティ溢れるおにぎりが誕生しました。

お米は、原宿にある老舗米屋「小池精米店」の店主・小池さんが厳選したお米を月替わりで使用。もっとも美味しい状態である精米仕立てのお米を使って丁寧に握られます。

メニューは、栄養の偏りなくバランスの良い食事が摂れる”一汁一菜”をベースに作られたもの。おにぎりの他に具だくさんの味噌汁や、漬け物に代わる新たなパートナーとして「国産野菜のピクルス」などをサイドメニューとして用意しています。

洋風やスイーツ系も?バラエティに富んだおにぎり!

お店は「おにぎり×カフェ×バー」の新感覚のスタンド。日常使いにも特別な日にもシーン問わず食べられる、バラエティ豊かなラインナップを取り揃えています。

中でも「おにぎりプチ」はマカロンから発想を得た、見た目もカラフルでコロンとしたひとくちサイズのおにぎり。全8種類の中から、人気の3品を紹介します。

「ゆかり昆布」300円(税抜)
梅×とろろ昆布が相性抜群な和風おにぎり。カリカリとした食感に、とろろ昆布のまろやかな旨みが広がり、食欲増進にも効果抜群。

「抹茶」300円(税抜)
抹茶と小豆を合わせたスイーツ系おにぎり。白ごまペーストとハチミツを隠し味に入れたクリームチーズが全体の味をまとめます。

「イタリアンツナマヨ」300円(税抜)
アクセントでのせたオリーブがイタリアン風なおにぎり。くるんと巻いたきゅうりとツナマヨが最高のコンビネーション。

三角型の「トラディショナルおにぎり」は、素材にこだわった伝統的な具材が入っています。鮭や梅といった人気の定番具材から、玄米を使ったヘルシーなものなど飽きないラインナップです。


おにぎりって可愛い!栄養満点!もっと自由でいい!
これまでの常識や概念にとらわれない新しいおにぎりを試してみて♪

「LAST CHIFFON(ラスト シフォン)」
「onigiri stand Gyu!(オニギリスタンド ギュッ!)」
○住所
東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿 2F GOOD MEAL MARKET
JR山手線 原宿駅 表参道口より徒歩5分
東京メトロ 千代田線・副都心線 明治神宮前〈原宿〉駅 5番出口より徒歩1分
○営業時間
11:00〜21:00
○定休日
ラフォーレ原宿に準ずる
○HP
http://www.laforet.ne.jp/

この記事のキーワード
関連記事
新着記事