駅ナカ・シュークリームの進化がすごい!手土産にぴったりなオススメ4選

駅ナカ・シュークリームの進化がすごい!手土産にぴったりなオススメ4選
夏本番!暑い日はあまり移動しないで気軽に買い物を済ませたいですよね。今の季節オススメなのが駅ナカスイーツ。味・利便性・値段と三拍子揃ってクオリティが高いスイーツが種類豊富にあります。そこで今回は、主要駅にあるオススメのシュークリームを4つ、厳選してご紹介したいと思います。
フーディストノート
フーディストノート
2016/08/12
2021/09/28
view

最前線は駅ナカにあり!進化が進むシュークリーム

近年、駅ナカはスイーツのメッカと化して、「どれにしよう…」と目移りして迷ってしまうほど魅力的なお店が増えてきました。そんな中、今改めて注目したいのがシュークリームです!シュー生地とクリーム。たった2つのシンプルな構成ゆえ、他のスイーツよりも個性が求められて、ユニークなシュークリームがたくさん生まれているんです。

シュークリームと言えば、老若男女、分け隔てなく人気なので、手土産や差し入れにももってこい!駅ナカなら、移動途中で買い物ができるから、持ち運びも楽ちんですよね。そこで今回は、都内ターミナル駅で購入できる、個性的なシュークリーム店を厳選してご紹介します♪

選べる楽しさ♪必ず好みの味を見つけられる「マイクリーム ミッケ」

「ビアードパパ」や「シュクリムシュクリ」など人気のシュークリーム専門店を運営する株式会社 麦の穂が、2016年6月池袋駅構内にオープンした「マイクリーム ミッケ」。

シンプルに好きなフレーバーを楽しむ『シングルクリーム』と、2つのクリームを選んで『ダブルクリーム』の2タイプ。クリームは約10種類あり、何通りもの組み合わせが出来る”カスタムオーダー式”が新しい今注目のお店です。

美味しさの秘密は、口の中で滑らかに溶けていくクリームの食感にあります。
体温で溶けるように作ることで、口に入れた途端に固めのクリームがすぐ溶け出してとろ〜りとした食感に♪クッキーを乗せてサクッと焼き上げたクリスピーなシュー生地との対比、味の変化が楽しめて最後まで飽きることなく食べられます。

工夫を凝らしたさまざまなフレーバーがとにかく豊富で、ストロベリーパンナコッタやブルーベリーチーズケーキなど、シュークリームとしては少し変わった味わいも取りそろえています。冒険するか、無難にいくか…どれにしようと選ぶ時間も楽しそうですね!

ちなみに人気のある組み合わせは、カスタード&ティラミス、ストロベリーパンナコッタ&ティラミスのダブルクリームだそうです。甘過ぎが苦手な方は、組み合わせ次第で甘さ控えめに作ることも出来そうですよ。色々と試してお気に入りの「MY CREAM」を見つけてみて♪


「MY CREAM MIKKE(マイクリーム ミッケ)」
○住所
東京都豊島区池袋1-1-36
池袋駅B1中央自由通路西口
○営業時間
10:00~22:00
○定休日
不定休
○HP
http://www.mycreammikke.jp
○価格
 ■「シングルクリーム」250円(税別)
 ■「ダブルクリーム」297円(税別)

見た目は純和風!遊び心溢れる「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」

2009年にパリにオープンして瞬く間に人気になった「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」。日本では関東初出店となる2号店が、2016年4月に新宿「ニュウマン」内にオープンしました。クリエイターやパティシエなど複数人でチームを組んで立ち上げ、斬新なスイーツを商品化。店名の”レーヴ”=「夢」という言葉の通り、どれも見ていてワクワクするものばかりです。

さまざまなメディアなどで紹介されて話題となっているのが「D’ANGO!」。シュー生地のサイズまでお団子に似せるようこだわって生まれた、新宿店とパリ店限定の商品です!種類はカリカリッとした食感がアクセントの「カラメル」、フランス産の濃厚な「マロン」の2つ。バニラビーンズをたっぷり使った濃厚なカスタードクリームとよく合い、ビスケット生地を乗せたシュー生地はザクザクと食べ進めるのが楽しくなります♪

あっと驚かせるユニークさ、手を汚さずに片手で持って食べられる手軽さは手土産としてぴったりです!


「La pâtisserie des rêves(ラ・パティスリー・デ・レーヴ)」
○住所
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoManエキナカ(新宿駅新南口 駅構内)
○営業時間
8:00~22:00
○定休日
無休
○HP
http://www.lapatisseriedesreves.co.jp
○価格
「D’ANGO!」2本入り(カラメル、マロン)600円(税別)
※商品の味・価格は一部変更になる場合がございます。

フランス人にも大人気!カリスマ性のある「シュー・ダンフェール パリ」

フランスの料理界をリードする名シェフ、アラン・デュカス氏が監修した「choux d’enfer PARIS(シュー・ダンフェール パリ)」。これまで数々の美食家を唸らせてきたセンスと発想力を、シュークリームでも発揮!クオリティの高い本格的な味を手頃な価格でテイクアウト出来るシュークリーム専門店として2014年にパリで誕生しました。そして、2016年4月に海外初出店となる日本一号店が新宿・ニュウマンにオープンし、行列が出来るほど人気になっています!

パリ店と同じ伝統的なフレーバーが入った「トラディション」は、ショコラ・キャラメル・アグリュム(柑橘系)の3種類各1個入り。「セゾン」は定番のカスタードに、日本限定の抹茶とシーズンフレーバーの3種類各1個入り。パリジャンも夢中になる伝統的なフランス風で、しっかり焼き上げた固さのシュー生地に、ナッツ・あられ糖などを表面にトッピング。酸味・苦味・甘味がハッキリした存在感があるクリームがなめらかに口どけます。

一般的なシュークリームより一回り小さく、手のひらにちょこんと乗るサイズ。いろんな種類を食べ比べ出来るのがいいですね♪


「choux d’enfer PARIS(シュー・ダンフェール パリ)」
○住所
東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-24-55 NEWoManエキナカ(新宿駅新南口 駅構内)
○営業時間
8:00~22:00
○定休日
無休
○HP
http://choux-d-enfer-paris.jp
○価格
 ■「トラディション」(ショコラ・キャラメル・アグリュム)290円(税別)
 ■「セゾン」(カスタード、抹茶プレミアム、シーズンフレーバー)340円(税別)
  ※シーズンフレーバーは8月6日から柚子&マンゴーへ切替。

とろ〜り♪はちみつの甘い幸せを運ぶ「パティスリーQBG」

「パティスリーQBG」は、創業86年のはちみつ・メープルシロップの専門メーカー「クインビーガーデン」直営洋菓子店です。世界中の産地に直接足を運び、自信をもって最高と言える天然甘味料だけを厳選。「はちみつ・メープルシロップの本物の美味しさをお菓子を通じて届たい」という想いから生まれました。2005年にエキュート品川にオープンして、今年で11年目。オープン当時はエキナカが発展を始めた初期で、駅ナカスイーツの先駆け的存在とも言えます。

はちみつ・メープルの扱いに長けた専属のパティシエが毎日厨房で手作りする「シュークリーム」。華やかな甘さのカナダ産クローバーはちみつを配合したカスタードクリームがたっぷり詰まっています。砂糖の量は少なめにはちみつを贅沢に使用し、ホイップクリームを混ぜることでコクと軽さを両立。ブラウンシュガーを振りかけて焼き上げたクッキー生地のカリカリ食感と相まって満足感大です。

口に運んだ瞬間、ふわっと香る優しい甘さは幸福感大!はちみつの持つやさしい自然な甘みは虜になる人も多く、男性ファンも多いのだとか。年齢や性別問わず、喜ばれるシュークリームです。


「パティスリーQBG」
住所
東京都港区高輪3-26-27
品川駅構内 ecute品川 1F
○営業時間
[月~土]8:00~22:00
[日・祝]8:00~20:30
○定休日
無休
○HP
http://www.qbg-alfa.jp
○価格
 ■「シュークリーム」1個250円(税込)

***

気になるシュークリームは見つかりましたか?
シンプルなイメージから脱し、食感や形が進化したシュークリームはいったいどんな味がするのか気になるところ♪話題性も抜群だから、手土産や自分へのご褒美として買ってみてはいかがでしょうか?

お知らせ
アンケート回答でプレゼントがもらえる♪アプリダウンロードキャンペーン実施中!
この記事のキーワード
関連記事
新着記事