フーディストノートアプリ

肉や野菜、チーズまで!上品な甘みの「西京漬け」は保存上手のカギでした!

肉や野菜、チーズまで!上品な甘みの「西京漬け」は保存上手のカギでした!
いわゆる「白みそ」として知られる西京味噌。一般的なお味噌に比べ、塩分が控えめで、甘い口当たりが特徴です。そんな西京味噌を酒やみりんで伸ばし、食材を漬け込む「西京漬け」は、食材の味を引き立てるだけでなく、保存の手段にもなる優れた調理法。レシピブログに集まったアイデアをご紹介します。
フーディストノート
フーディストノート
2016/03/01
2021/10/07
view

基本のお魚は「鮭」や「鰆」がおすすめ

西京焼きと聞いて真っ先に「お魚」をイメージする人も多いでしょう。老舗専門店では銀だらがメジャーですが、家庭なら鮭や鰆…etc、手に入りやすい切り身を使っても十分に楽しめます。

もうひとつ嬉しいのは、鮮魚の保存にも有効である点です。例えば、夕飯のおかずが既に決まっている日に、お買い得な切り身を発見!なんてことありますよね。そんな時は迷わず味噌床へ。これで数日後の夕飯に回せますよ。

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/136042/recipe/861948

牛・豚・鶏…お肉だって何でもこい!

お魚同様、どんなお肉にもよくマッチします。漬け時間も1〜5日くらいまでとお好みで調整できるので、食材の計画的な消費に役立ちますよ。

ちょっと贅沢な「牛肉」の西京漬け焼き。
お安い外国産のお肉でも十分柔らかくなるので、ステーキなどの厚切り肉を試してみるのも良いですね。

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/35144/blog/13519470

こちらは、細切れにした「豚肉」で!
ガーゼやキッチンペーパーを使わず、ビニール袋で寝かせても大丈夫。その際は、焼く前にしっかりお味噌を拭うと焦げつきにくくなります。

みそのコクと、豚肉から出た脂が絡んだ「焼き野菜」もそそりますね!

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/30300/blog/10956572

節約食材の王道「鶏むね肉」も、味噌床で寝かせれてしっとり柔らかく♪ お子さまにも人気のメインディシュ、これならたくさん漬け込んでおけますね。

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/2604/blog/2647884

女子ウケ間違いなし!「クリチ」の西京漬け

こちらは変わりダネ「クリチ」ことクリームチーズを西京漬けにした、アイデアおつまみレシピ。放置するだけの手軽さで、芳醇な香りを楽しんで。

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/22379/recipe/916237

「柚子ジャム」をプラス!3色野菜の西京漬け

対照的な彩りの野菜を、お味噌と…。なんと「ゆずジャム」を合わせた味噌床で寝かせます。白味噌とゆずは相性の良い組み合わせですが、一体どんなお味なんでしょうね。

にんじん、たけのこ、きゅうり…それぞれの食感の違いもおもしろそうです。

▼レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/23047/blog/10797338

上質な魚やお肉はさらに美味しく、安いものでもそれなりに変身(笑)させてくれる「西京漬け」は、覚えておいて損なしのテクニック!白味噌を余らせていた、思わず買い込んでしまった食材が使い切れない…なんて時にもおススメですよ。

この記事のキーワード

Campaign キャンペーン

新着記事