バレンタインはコレで決まり!今話題の「ビーントゥバー」が買えるお店 5選!

バレンタインはコレで決まり!今話題の「ビーントゥバー」が買えるお店 5選!
「ビーントゥバー」って、ご存知ですか?
「Bean To Bar」=カカオ豆から板チョコレートに。つまり、"カカオ豆の加工(選別、焙煎、粉砕など)からショコラになるまでの工程を、全て作り手が手がけているチョコレート"のこと!
カカオ豆の原産地から、焙煎の仕方、粉砕の細かさなど、ショコラティエがこだわり抜いたその味は、薫り高さが段違い!今食べたいオススメ「ビーントゥバー」をご紹介します!
フーディストノート
フーディストノート
2015/02/07
2021/10/07
view

カカオ農園まで開設!超有名パティシエの、あくなき挑戦!

かの有名な「トシ・ヨロイヅカ」のオーナーシェフ鎧塚俊彦氏、2010年9月にエクアドルに無農薬栽培のカカオ農園を開設しているんです。一筋縄ではいかない自然と向き合い、苦労の末、収穫までこぎつけ、エクアドルで発酵、乾燥させたカカオ豆を空輸。そこからの全ての工程も自社で行っている、オリジナルの「bean to bar」です。瓶入の「ダークカカオニブ」は、軽くシュガーコーティングされた香ばしいカカオニブにカシューナッツの組み合わせで、お酒のおつまみにもぴったり☆
3種類のロースト時間が比べられるトロア・キュイソンも人気!

TOSHI YOROIZUKA 東京ミッドタウン店
東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩4分
http://retty.me/area/PRE13/ARE14/SUB1401/100000743455/

ベテランショコラティエが本気で追求する「Bean to Bar」!

パティシエとして38年、第一線で活躍されている三枝シェフ。「ショコラティエ パレ ド オール」以外のブランドを閉め、清里に本格的なBean to Bar工房「アルチザン パレ ド オール」をオープン。自然が美しい清里高原は、チョコレートの熟成にも最適な温度なのだとか。何度もデータをとり、カカオ豆によって焙煎の仕方を緻密に調整した産地別のタブレットは、食べ比べると違いがはっきりわかるそう。様々なカカオの産地をブレンドした「キャレショコラ」はビターとミルクの2種セット。
カカオ豆からタブレット、ボンボンショコラとカカオの変化を楽しめる「Bean to Bar Bon bon Box」は清里の他、青山店で販売。

ショコラティエ パレ ド オール TOKYO
東京駅 徒歩3分
http://retty.me/area/PRE13/ARE15/SUB1504/100000741678/

昨年12月にOPEN♪お店の外までカカオの香りが漂う、フレッシュなチョコ!

工房併設型のBean to Barチョコレートの専門店「Minimal」(ミニマル)。出来立てのフレッシュなチョコレートを頂けます。
世界中から厳選したカカオ豆を使い、味や香りが違う8種類を用意。「Minimal」のチョコレートは、バターやミルクの使用を極力抑え、カカオ豆の配合比率を出来るだけ多くしているので、カカオ本来の香りや味わいがダイレクトに楽しめます。また、全て細かく滑らかに粉砕するのではなく、多少の粒を残し嚼んだ時の「カリッ」という食感や渋み、広がる香りも楽しめるのが特徴!

ミニマル
東京メトロ千代田線 代々木公園駅 徒歩4分
http://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB107/100001185452/

「Bean to Bar」をリアルに体験!自分で作れるワークショップも開催!

「チョコレートで世界を幸せにする」というコンセプトのチョコレート専門店。フェアトレードチョコを使い、カカオ原産国の子供達が通えるように”学校建設プロジェクト”も行っています。こちらの看板商品「ショーコラ」は、インターネットで販売もしていて、なんと1秒で6個売れる勢いなんだとか!サクサクのクッキーで、パリッとした食感のチョコでコーティングされた生チョコをサンドしています。テラスも気持ち良いカフェでくつろぎながら、ゆっくり味わいたいチョコレートたち。ワークショップはお店の楽天HP(http://item.rakuten.co.jp/vanilla/chocolate-workshop/)で申し込み出来ますよ♪

バニラビーンズ みなとみらい本店
みなとみらい線 馬車道駅 徒歩4分
http://retty.me/area/PRE14/ARE39/SUB3904/100000867479/

ネットで買える!世界チョコレート・アワード金賞受賞のビーントゥバー!

日系フランス人のサミュエルと、フランス出身のヴィンセント。創業者の2人がベトナム中をまわり、良質なカカオ豆を使って作っているMAROU(マルゥ)のチョコは、美味しいだけでなくパッケージの美しさも魅力の一つ!力強く濃厚で、アプリコットなどドライフルーツのような風味を楽しめる「ベンチェ 78%」、シナモンのような風味を持つ「ティエンジャン70%」など、マルゥを代表する5種のチョコレートセットは、食べ比べが出来る人気セットです。2014年世界チョコレート・アワード、そして米国で最も権威あるノース・ウエスト・チョコレート・アワードで金賞に輝いた「トレジャーアイランド 75%」もオススメ!

MAROU(マルゥ)
http://www.marou.jp

「Bean to Bar」(ビーントゥバー)のお店を5店舗紹介させていただきました!いかがでしたか?最新のトレンドチョコを贈れば、一目置かれること間違いなし。


画像提供パートナー:Retty (http://retty.me/)

この記事のキーワード
新着記事