バター不足で再注目!ビューティー賢者がハマる「ココナッツオイル」って?

バター不足で再注目!ビューティー賢者がハマる「ココナッツオイル」って?
有名セレブ達が愛用していることでも火がつき、高い美容効果が話題の「ココナッツオイル」。バターが品薄の今、その代用品としても注目が高まっています。料理にもお菓子にも使えるので、上手に取り入れてカロリーダウン!
フーディストノート
フーディストノート
2014/12/03
2021/10/07
view

摂りすぎるとガンや心臓疾患、動脈硬化などの健康被害を引き起こすといわれるトランス脂肪酸を一切含まず、そのうえ体の中で燃えやすいオイル――。


このキーワードにピンと来たアナタは、自分のカラダにきちんと気を使っている証拠。トップモデルのミランダ・カーさんや道端ジェシカさんが愛用していることでも火がついた「ココナッツオイル」は、その高い美容効果から多くのビューティー賢者から注目されています。

ただし、カラダのためといっても気になるのはその味。
多くのココナッツオイルラバーやメディア注目の「有機エキストラバージンココナッツオイル」を扱う株式会社ブラウンシュガーファースト 代表の荻野みどりさんによると、「サラッとした口当たりなので、お茶やコーヒーに入れて飲んだり、シナモンやココナッツシュガーなどと一緒にパンに塗ってトーストしてもフレーバーが付いておいしいですよ」。

もちろん料理にも使え、「揚げ油に混ぜればカラッと揚がりますし、バターのかわりに使えばクッキーはサクッと、ケーキはしっとり」(荻野さん)と魅力的。そのうえココナッツオイルの酸化しにくい(傷みにくい!)という特長もうれしいところです。

レシピブログのお料理ブロガーさんたちも、いろいろなレシピでこのカラダにやさしいオイルを上手に使っています!

ごちそう朝ごはん!「ココナッツ風味のフレンチトースト」

パンを漬け込む卵液にココナッツオイルをプラスして、もちろん焼き油としてもココナッツオイルを使えば、いつものフレンチトーストも断然おいしくヘルシーに!フランスパンの漬け込み時間は長い方がしっかりと染みこんでおいしいので、前の晩に準備して朝食にいただくのも◎

▼レシピをチェック!
http://www.recipe-blog.jp/profile/14695/recipe/752234

肌のハリ艶UPに期待♪「鶏肉とブロッコリーのクミン風味炒め」

ココナッツオイルは加熱しても酸化しにくいので、炒め油に使うのもオススメ。香りづけにクミンシード、酸味にレモン汁をプラスすれば、どことなくエスニックな味わいに♪鶏肉には肌のハリ艶に必要なコラーゲンが含まれるので、美容効果も期待できます。

▼レシピをチェック!
http://www.recipe-blog.jp/profile/14942/blog/14608203

ココナッツオイルで焼いた「豆腐のステーキ カレー風味」

この焼き色に食欲をそそられない人はいないのでは・・・。水切りした豆腐に小麦粉をまぶしてソテーするのですが、小麦粉に風味付けのカレー粉をよく混ぜておくのがポイント。カレー+醤油の香ばしさも引き立ててくれるココナッツオイルの万能さを試してみて!

▼レシピをチェック!
http://www.recipe-blog.jp/profile/84162/blog/14328229

バターの代わりに♪ 「ココナッツオイルと米粉のヘルシースコーン」

スコーン作りに欠かせないバターの代わりに、ココナッツオイルを使用。その効果でサックサクの食感に!全粒粉入りで、素朴なおいしさのスコーンは、たっぷり作って冷凍しておけば、好きな時に楽しめます。

▼レシピをチェック
http://www.recipe-blog.jp/profile/140161/recipe/795708

比較的リーズナブルに手に入れることもできるココナッツオイル。「昔より体重が落ちづらくなった」「カラダの不調を感じることが多い」という人は、何よりふだん口にする油から見なおしてみてはいかがですか。

この記事のキーワード
関連記事
新着記事