電子レンジとめんつゆで時短&本格的。手間いらずで作れる「ふるふる茶碗蒸し」

電子レンジとめんつゆで時短&本格的。手間いらずで作れる「ふるふる茶碗蒸し」
「茶碗蒸し」は蒸すのに時間も手間もかかるからあまり作らない…という方に、電子レンジで簡単に作れる「ふるふる茶碗蒸し」をご紹介します。あともう一品何か欲しい…そんな時にもこれならあっという間なので、ぜひ覚えてみてくださいね。温かくてほっとする味わいは、冬の献立にも最適です♪
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2020/12/02
2021/10/07
view

インテリア・キッチンショップ「アンジェ web shop」でも定番の「ボデガカップ」。
その最大の魅力は、シンプルな見た目や、使い勝手の良いフォルムながら、強化ガラスで電子レンジもOKなところ。

今回は、そんな超万能アイテム「ボデガカップ」で作る茶碗蒸しをご紹介します。

「ボデガカップ」で作る、レンジで簡単茶碗蒸しの作り方

寒くなると食べたくなる、ほっこり優しい味の茶碗蒸し。

電子レンジなら蒸し器等を用意する必要がないのでお手軽ですが、すが入らないように上手に仕上げるのって難しそうですよね…。

でも、コツさえ押さえれば、すを最小限にしたつやつやの表面&ふるふる食感の茶碗蒸しが作れるんです。味付けにはめんつゆを使えば、さらにお手軽ですよ。

■材料(「ボデガカップ」200cc 4個分)

卵…4個
水…400ml
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2
鶏もも肉…40~50g
かまぼこ…8切れ
椎茸…2個
三つ葉…適量
塩…適量

作り方

【1】かまぼこと、軸を切り落とした椎茸をそれぞれ4~5mmの厚さにスライスします。三つ葉は1~2cm幅に切ります。鶏肉は1~1.5cm角の食べやすい大きさに切ったら、塩を振り、耐熱容器に入れ、ラップをして600wの電子レンジで1分ほど加熱しておきます。

【2】準備した具材を、「ボデガカップ」に等分に入れます。

【3】卵と水とめんつゆを混ぜ合わせたら、茶漉しを使って、具材を入れた「ボデガカップ」に静かに注ぎ入れます。卵液は、カップの8分目位まで入れてください。

【4】1個ずつふんわりラップをかけたら、2個ずつ電子レンジで300w、6~7分加熱します。竹串を刺して、透明な汁が出てくれば完成です。出てくる汁が濁っていたら、30秒単位で追加加熱してください。

すが入らない、滑らかな茶碗蒸しに仕上げるには、なるべく低いワット数でじっくり加熱するのがポイント。

お手持ちの電子レンジに300wの設定がない場合は、それに近いワット数で様子を見ながら加熱してください。200wだったら8~9分、500wだと4~5分の加熱時間が目安です。

また、電子レンジで加熱すると、加熱ムラが出やすいので、2個ずつ加熱するのもきれいに仕上げるポイントです。また、2人分(ボデガカップ2個分)を作る際は、分量を半量にしてくださいね。

卵+野菜にアレンジすれば、栄養価は抜群。つるっと食べられるから、お子さまのメニューにもぴったり。

野菜を細かく刻めば野菜嫌いのお子さまでもチャレンジしやすくなりますよ。

電子レンジで作れちゃうから、時短にもなって、夕ご飯のもう一品にも最適です。ぜひ作ってみてくださいね。

【ご紹介したアイテム】

全面強化ガラス製で電子レンジや食洗機、冷凍庫にもOKの「ボデガカップ」。
浅すぎず、深すぎない絶妙なサイズ感と、シンプルなガラス製で、毎日の食卓に登場させたくなる定番のアイテムです。

▼ご紹介したアイテム
ボデガカップ200cc 6個セット/Bormioli Rocco【送料無料】

■アンジェ web shop
北欧雑貨、うつわ、テーブルウェアから旬のギフトアイテムまで。
日々の暮らしを彩るお手伝い。

↓キッチンツール&レシピ「アンジェbyエブリデイキッチン」はこちら
https://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事