じゃがいもで作る“お食事ガトーインビジブル”

じゃがいもで作る“お食事ガトーインビジブル”
フランスの林檎ケーキ、ガトーインビジブルが大人気。
人気の秘密はなんといってもカットした時の美しい断面。色んなアレンジレシピが登場していますが、じゃがいもを使えば、まるで林檎と見間違えるような美しいお惣菜に大変身!
味も見た目も◎な野菜で作るガトーインビジブルをご紹介します。
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2017/05/19
2021/10/07
view

じゃがいもで作る”お食事ガトーインビジブル”の作り方

材料 (パウンド型1つ分)

■ 生地
卵:2個
薄力粉:30g
牛乳:100cc
塩コショウ:適量
■ 具材
じゃがいも:3個
アスパラ:3本
ベーコン:3枚
とろけるチーズ:ひとつかみ程度

作り方

【1】
オーブンは180度に予熱しておきます。
生地の材料をボウルに入れ、塩コショウし、よく混ぜます。
【2】
じゃがいもは皮をむいてスライサーで薄切りにします。
【3】
アスパラは根本の部分をピーラーで削ぎ、パウンド型にあわせてカットしておきます。
【4】
じゃがいものボウルに1の生地を2/3程いれ、じゃがいもを生地にからませます。

【5】
パウンド型の2/3ぐらいの位置まで4のじゃがいもを敷き詰めていきます。アスパラは向きをそろえて置きます
【6】
1の生地にくぐらせたベーコンを並べます。
【7】
残りのじゃがいもをバランス良くしきつめ、残った生地を静かに流し入れます。
とろけるチーズをひとつかみほど、敷き詰めます。
【8】
180度のオーブンで40~50分焼きます。竹串を刺して液がつかないようならOKです。

冷めたら型から取り出してカットします。じゃがいもの層がとても美しく仕上がりました。
野菜はお好きなものにアレンジOK。
パプリカ、かぼちゃ、アボガドなどは彩りもよく、キッシュ調の生地にとてもよくあいます。
アレンジ多彩でおもてなしにも使えるお野菜ガトーインビジブルです。

感動のスルッ!敷き紙いらずのパウンド型

パウンドケーキや、オーブン料理の小さなストレスは、型にバターを塗ったり、敷き紙をカットする手間。
こちらのパウンド型はそんなストレスからさよならするために開発されたもの。
ガラスの内側がセラミックコーティングされており、驚くほど気持ちよく型離れできます。
焦げ付いた汚れもするっと洗えるので、思わずオーブン料理の回数が増えてしまう、心強い味方です。

▼Cera Bake 焦げ付かないオーブン皿 パウンドケーキ M
https://goo.gl/1b4Hn8

■アンジェ web shop
日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。
キッチンツール、テーブルウェア、家電など話題のグッズを多数揃えています。

↓アンジェキッチンはこちら
http://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事