【作り置きおかず第3回】たっぷり作って大活躍〜洋風おでん

【作り置きおかず第3回】たっぷり作って大活躍〜洋風おでん
平日は朝も夜もバタバタしがち。そんな慌ただしい時も、あれば心休まる存在「作り置きおかず」を3回に分けてお届けしています。
第1回では主菜、第2回では野菜の副菜をご紹介しました。第3回はメインにも、副菜にも、お弁当のおかずにもなるマルチなおかず、「洋風おでん」をご紹介します。
アンジェ web shop
アンジェ web shop
2017/04/02
2021/10/07
view

練り物が多くなりがちな和風おでんと違い、沢山の野菜がたっぷりとれる洋風おでん。
旬の野菜やお好みの具材を入れてアレンジ多彩なところも大きな魅力。
今回はロールキャベツをメインに、お弁当にも使い勝手のいい内容にしました。

ロールキャベツ入り 洋風おでん

材料(Daloplastランチボックス 2.0L 1つ分)
■ 出汁
固形コンソメの素:2個
水:800cc
塩コショウ:少々
■ ロールキャベツ
キャベツ:6枚
挽肉:200g
玉ねぎ:1/2個
塩コショウ:適量
■ アスパラ肉巻き
アスパラ:5本
ベーコン:5枚
■ 他、具材
うずら卵:5個
ミニトマト:5個
ヤングコーン:5本
ブロッコリー:1/2房
カブ:2個
ウィンナー:6本

【1】
キャベツの葉を柔らかくなるまでゆがきます。玉ねぎみじん切りしておきます。
【2】
挽肉、玉ねぎ、塩コショウをボウルに入れ、粘りがでるまでよく混ぜ合わせます。
【3】
キャベツの葉は芯を取り、2の挽肉をのせ巻いていきます。
【4】
巻き終わりは爪楊枝か、スパゲッティでとめておけば煮崩れがなく安心です。

【5】
■アスパラ肉巻き
アスパラはピーラーで固い部分をとり、1/3〜1/4にカットします。
【6】
アスパラ3個をベーコンで巻き、爪楊枝で刺します
【7】
■その他具材
うずらは茹でて、皮をむき、ミニトマトと爪楊枝で刺します。
【8】
カブは皮をむき、葉をカットとして、1/4にします。
ブロッコリーは洗って食べやすい大きさに切っておきます。

水、固形コンソメを大きめの鍋にいれたら、ロールキャベツから煮込んでいきます。
30分ほど煮込んだら、アスパラベーコン、ウィンナーを入れさらに10分ほど煮込み、最後にブロッコリー、ヤングコーン、カブを加えて軽く煮込んで完成です。

お好みで粒マスタードを添えると美味しく頂けます。
熱々をいただいた残りは深型2リットルのフードコンテナに保存。
たっぷり容量で汁気の多いおかずも安心して保存できます。

ロールキャベツはメインに、その他のおかずはこぶりなので、お弁当のサブのおかずとして大活躍。
子供にも食べやすい味付けです。

6種のフードコンテナにあわせた「作り置きおかず」を3回に渡ってご紹介しましたが、この「作り置きおかず」を使った1週間お弁当アレンジもお届けする予定なのでお楽しみに!


▼ご紹介したアイテム
Daloplast ストレージコンテナ 6点セット/ダロプラスト【送料無料】
https://goo.gl/glh54L

■アンジェ web shop
日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。
キッチンツール、テーブルウェア、家電など話題のグッズを多数揃えています。

↓アンジェキッチンはこちら
http://www.angers-web.com/ekitchen

この記事のキーワード
関連記事
新着記事