複雑な味がクセになる…“怪味ソース”って知ってる?

複雑な味がクセになる…“怪味ソース”って知ってる?
“怪しい味”と聞くとなんだか気になっちゃいますよね!実はこれ「ガイウェイ」と読み、中国は四川省発祥で、塩味、酸味、甘味、辛味が絶妙に混ざり合った複雑な味のタレなんです。さて、その作り方とは…?
フーディストノート
フーディストノート
2014/11/18
2014/11/18
view

怪味ソース 基本の作り方

ごまベースのソース(芝麻醤)に、にんにく、生姜、唐辛子、お酢などを加えて、ただただ混ぜるだけ。材料は多いですが、ほとんどが手に入りやすいものなので、気軽に作れます♪

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/68108/blog/13129646

鶏肉、餃子、麺…様々な料理と相性抜群!

餃子のタレとしてもいけちゃいます!ごまの香ばしい味わいが絡み、酢醤油よりコクがあってオススメです♪

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/36766/blog/13633470

淡泊な味の豆腐に、コク深いソースがよく合います。芝麻醤の代わりに、すりごまを使ってお手軽に作れるのがポイント。

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/32561/blog/13131057

麺との相性だって抜群!怪味ソースをかけるだけで、簡単に坦々麺風に仕上がります。アクセントにラー油、花椒をプラスしても◎

↓レシピはこちら
http://www.recipe-blog.jp/profile/36766/blog/13335624

このソースは特に“鶏肉”との相性がよく、茹でた鶏もも肉にかけるだけでも、「怪味鶏」という立派な四川料理の一品になります!
芝麻醬が手に入らなければ、練りごまやごまドレッシングなどで代用してもOK。
いろいろな料理にかけて、おいしい組合せを探してみてくださいね~♪

この記事のキーワード
新着記事