いま注目のBean to Barも楽しめる「ダンデライオン・チョコレート」が大人気!

いま注目のBean to Barも楽しめる「ダンデライオン・チョコレート」が大人気!
アメリカ・サンフランシスコで人気のBean to Barのチョコレート専門店「ダンデライオン・チョコレート」が2016年2月11日 東京・蔵前にオープンしました。カカオ本来の味が楽しめるメニューが、早くもチョコレート好きの間では話題に!絶対に食べたい、最先端のチョコレートを紹介します♪
フーディストノート
フーディストノート
2016/03/05
2021/10/07
view

「ダンデライオン・チョコレート」って?

2010年にトッド・マソニスとキャメロン・リングによって「新しいことに挑戦しよう」という想いから始まりました。
一番最初はガレージの小さなスペースでクラフトチョコレートを作り始めるところから活動がスタート。豆の産地から製造工程まですべてにこだわりぬき、またBean to Barの味をさまざまな形で楽しめるドリンクやペストリーが評判を呼び、パイオニアの一社としてクラフトチョコレート業界をリードする存在に。
そして2016年2月、日本に上陸。既に多くのチョコレート好きで賑わう人気店となっています。

カカオの魅力を引き出した、Bean to Barチョコレート

Bean to Barとは、カカオ豆からチョコレートを生産するまでの製造工程を全て一貫して行うこと。カカオとケインシュガーのみで作られることから、チョコレートの本質を純粋に味わえるんです!そして、豆の選別・焙煎・磨砕・調合・成形といった全ての過程が一つ一つ手作業。機械を使わないことでカカオ豆の風味を大切にし、繊細な味を引き出しています。

個性のあるカカオ豆が世界中から集められ、原産国によって全く違う味が楽しめます。「原産地の違うカカオ豆で、チョコレートの味がこんなにも違うのか!」と驚くはず。
チョコレートファンの心を捉え離さない、「ダンデライオン・チョコレート」ならではのメニューをご紹介します。

おさえておきたい人気メニューはこれ

Bean to Barだからこそ味わえる、オリジナリティのあるメニューが豊富。チョコレートの味をさまざまな形で楽しむことが出来ます。

シャープな力強さ、親しみやすい甘さ、フルーティーな酸味…など、世界各地の農園から仕入れたカカオ豆の味の違いを感じてみて。

個性派揃い!飲み比べが楽しいドリンクメニュー

■「 ハウスホットチョコレート」580円(税抜)
「まずは試してみたい!」という時にオススメなのがこちら。シンプル&スタンダード、ダンデライオンの定番ホットチョコレートです。バランスの良いマイルドな甘さに仕上げられています。

■「ヨーロピアンホットチョコレート」530円(税抜)
ホットチョコレートと言えば、甘くてこっくりした舌触り。「とにかく濃厚なチョコレートがいい!」そんな時にオススメなのがこちら。コクのあるイタリア風で、口の中でとろ〜りとチョコレートが広がっていきます。

■「ミッションホットチョコレート」580円(税抜)
カイエンペッパーやオールスパイスなどを使って、チョコレートの意外な一面を引き出した一杯。インパクトのある刺激・コクが立体的に広がり、ふわふわの泡と共にじんわり染み渡ります。それぞれが主張した後に、一つにまとまる味の変化はドラマチック。甘いだけではない、奥深いチョコレートの世界を知れます!

ホットチョコレートと相性抜群のペイストリーメニュー

■「パプアニューギニア・スモア」450円(税抜)
昨年瞬く間に人気となった「スモア」は必食。ふわふわのマシュマロとチョコレートのコンビに心奪われる人が続出です!マシュマロとチョコレートガナッシュに、グラハムクラッカーを敷いたホームメイド。 直火で乾燥させたカカオ豆を使用し、ほのかにスモーキーなアロマを感じます。チョコレート好きも納得のほろ苦仕立ての大人味です。

■「ブラウニーバイトフライト」630円(税抜)
チョコレートの原産地が異なる3種のブラウニー。左から順に、ナッティでキャラメルのような濃厚なくちどけのリベリア産。ベリーのような酸味が力強い重なりをみせるドミニカ共和国産。ドライチェリーのような爽やかな酸味、コク、甘さが調和したマダガスカル産。ブラウニーで味わうチョコレートの旅を満喫してみて。

※ブラウニーのカカオ豆の種類は時期によって変更します。

■「ニブバン」350円(税抜)
チョコレート、シナモン、砂糖などを生地にかけて、ぐるぐると巻いて焼き上げたペストリー。上面にもカカオニブがまぶされ、ギュッと詰まった密度の高い濃厚な味わいです。

■「ダンデライオン・チョコレートチップクッキー」330円(税抜)
アメリカでポピュラーなソフトタイプのクッキーをダンデライオン風にアレンジ!ゴロゴロ入ったチョコレートの存在感に、生地のしっとり加減は病み付きになりそう。直径12cmほどのビックサイズだから、分け合って食べてもOK。どんなドリンクにも合う1番シンプルなペストリーだから、何度もリピートしたくなる定番メニューになりそう。

■「オートミールクッキー」330円(税抜)
オートミールのザクザクとした歯触りの中に、クランベリーの甘酸っぱさがアクセント。70%のチョコレートチップ、カカオニブがゴロゴロと入れられて甘みが口いっぱいに広がります。
「ダンデライオン・チョコートチップクッキー」よりも、厚めで固いタイプのクッキーです。

カフェスペースでイートイン出来るのはもちろん、一部商品はテイクアウトも可能です。好みの味を言うとスタッフが丁寧な説明をしてくれるので、きっとお気に入りが見つかるはず!

静かなゆったり空間でチョコレートに癒されて♪

「ダンデライオン・チョコレート」は、都営浅草線 蔵前駅から徒歩5分の閑静な落ち着いた場所にあります。外観はウッド調で、ガラス張りが明るくナチュラルな雰囲気。築60年の元倉庫を改装して作られました。

1階はチョコレートファクトリーとスタンドとなっていて、工房の様子を間近で覗くこともできます。実際に作っているところを見られるのはワクワクしますね!2階はカフェとワークショップスペース。木の温もりを感じる温かな空間で、思わずリラックスして長居をしてしまいそう♪

チョコレートづくりの工程を楽しむことができるファクトリーツアーや、チョコレートについて学べるワーク ショップなど、Bean to Barをより深く知れるイベントを3月から開催予定です。”美味しい”と”学び”が同時に出来る、「ダンデライオン・チョコレート」をチェックしてまるごとチョコレートを堪能してみて♪



ダンデライオン・チョコレート
[ファクトリー&カフェ蔵前]
○住所
東京都台東区蔵前4-14-6
都営浅草線「蔵前」駅A0出口より徒歩約5分
都営大江戸線「蔵前」駅A5出口より徒歩約10分
○営業時間
10:00〜20:00 (L.O. 19:30)
不定休
○カフェ席数
70席
○HP
http://www.dandelionchocolate.jp

この記事のキーワード
関連記事
新着記事